ダイエットシェイクは本当に空腹にならないか

ダイエットシェイクは本当に空腹にならないか

 

 

ダイエットシェイクには満腹感を得るための工夫がされているのが一般的ですが、どのくらいの満腹感があるのか、本当におなかが空かないのかと心配になる人もいるでしょう。特に量が少なめのダイエットシェイクでは、口コミで空腹に辛くならないかとチェックしている人もいるはずです。ここではダイエットシェイクと空腹感についてお話しましょう。

 

なぜ空腹になるのか

 

なぜおなかが空くのかというと、食欲中枢が食べることを求めるからです。空腹感を感じている時は、身体が蓄積された脂肪を使い始める時。つまりその時こそ痩せ始めている時と言っていいでしょう。そんな時に我慢出来ずにおなか一杯に食べてしまえば、身体は大喜びして脂肪を貯えようとします。

 

余分に脂肪を燃やすチャンスでもあったはずなのに、逆に太る機会にしてしまうこともあるのです。ダイエットをしたいと思っている人は、空腹感を感じるくらいが痩せるチャンスと覚えておいた方がいいでしょう。

 

ダイエットシェイクでの満腹感

 

ダイエットシェイクには、食物繊維が豊富に含まれていることが多いものです。食物繊維には余分な老廃物を排出する力とお腹の中で膨らむ力とがあります。お腹の中で繊維が膨らめば、腹感をキープすることが出来ます。ただダイエットシェイクを飲み始めてから15分程度は物足りなさを感じるかもしれません。なぜなら満腹中枢は15分くらいたたないと満たされないからです。

 

その間はダイエットシェイクをゆっくり飲むなどして満腹になってくるのを待ちましょう。とは言え、満腹感は必ずしもお腹一杯という感覚ではない可能性もあります。これには個人差があり、お腹一杯とまで言えなくとも、お腹が空かない状態を保てればしめたものなのです。余計に物を食べて脂肪を蓄積するチャンスを作らなければ、すでに蓄積された脂肪が使われていくので順調に痩せていくことが出来ますよ。