ダイエットシェイクは1日何食まで取り入れ可能?

ダイエットシェイクは1日何食まで取り入れ可能?

 

 

いつもの食事の代わりにダイエットシェイクを飲むのが置き換えダイエットの方法です。一日の食事は朝昼晩と3食食べるのが基本。一日2食程度しか食べていない人もいるかもしれませんが、健康のためにはカロリーを調整して3食規則正しく食べるのがベストです。

 

ダイエットシェイクは、そんな食事の回数を減らさずに置き換えることによってカロリーをセーブ出来る健康食品です。大幅にカロリーを減らせる分、置き換える回数には注意しなければなりません。

 

一日何食置き換えるか

 

どんなメーカーのダイエットシェイクも、3食まるまる置き換えることを積極的にすすめているものはありません。確かに一日3食すべてをダイエットシェイクにすれば、総摂取カロリーはたったの500カロリー程度で抑えられるかもしれません。しかしそんなにカロリーを摂らないのは断食に近い行為です。その間は体が元気に動きませんし、頭がぼーっとしてしまう可能性もあります。当然仕事や勉強に手がつかないでしょうから、休日にダイエットをすることになるでしょう。それは自由としても、究極の我慢をしてダイエット明けを迎えたらそれほど食べていないにもかかわらず太ってしまう確率が高いのです。

 

空腹になっている身体はより多くの脂肪を溜め込もうとします。ちょっと食べただけでも吸収率が高まるのです。そんなことになるよりは一日1食多くて2食を置き換えて、無理しすぎずにダイエットをゆるゆると続けていく方が体質をスリムにしていけます。

 

筋力をキープ

 

カロリーをセーブしすぎると困るのは、筋肉が落ちすぎてしまう点です。筋力が低下してくると血流が悪くなります。なぜなら血管は筋肉のすぐそばにあり、筋肉の動きと血流は互いに刺激しあっているからです。血流が悪くなると代謝が悪くなり、筋肉周りにムクミも出やすくなります。ムクミの原因となる老廃物をスムーズに流すには、代謝をよくするために筋肉をきたえておくことが必要なのです。