ダイエットシェイクの効果的な飲み方

ダイエットシェイクの効果的な飲み方

 

 

ダイエットシェイクは、置き換えダイエットに使われる健康食品として人気です。基本は普通に一日1食から2食を普通の食事と置き換えるのに用いるといいのですが、他にも応用的な使い方をすると便利です。ここではダイエットシェイクの基本的な使い方と応用についてお話しましょう。

 

基本の使い方

 

一日の摂取カロリーは、年齢や性別、体型、活動量などによって必要な量が異なります。成人女性の場合なら平均して2、000カロリー前後のカロリーが必要とされます。

 

最近の女性はダイエット傾向が高いので、実際に摂っているカロリーはもう少し低い人が多いでしょう。しかし基礎代謝のことなども考えれば、毎日積極的に動くようにしていると一日2、000カロリーくらいは摂っていないと健康的に過ごすのが難しくなってきます。

 

そこで一日2、000カロリーを基準に考えてみると、一日に1食分の食事を150カロリーのダイエットシェイクと置き換えれば500カロリー前後はセーブ出来ることになります。一日2食を置き換えれば、1、000カロリーのセーブも可能です。これだけのカロリーを運動で消費しようと思ったらハードです。

 

運動して疲れた分おなかも空いて気が緩んで、余計に食べてしまうかもしれませんよね。ダイエットシェイクを使ったダイエットでも適度な運動はしておいた方が効果的ですが、とはいえ無理な運動が心身の負担になっては元も子もありません。簡単に行えるダイエットシェイクによるダイエットですが、計画的に進める必要があるのです。

 

間食として

 

女性は特に甘いものの誘惑に負けてしまいやすい人が多いですよね。甘いものはカロリーよりも糖分が脂肪となって蓄積されてしまうのが心配です。せっかくダイエットシェイクでカロリーを抑えている時には、どうしてもおやつを食べたくなった時にダイエットシェイクを飲むのも方法の一つです。

 

ダイエットシェイクの中には、混ぜ物を少なくしてデザートのように食べられるものもあります。スイーツとしてもイケると評判ですし、満腹感も得られるとあって一石二鳥です。