ダイエットシェイクの作り方

ダイエットシェイクの作り方

 

 

ダイエットシェイクの作り方は簡単です。シェイクというのは「振る」という意味の英語で、よりおいしく作るにはダイエットシェイクもシェイカーで振り混ぜるのをおすすめします。そのために各メーカーでは初回の購入に専用のシェイカーをつけているところが多いのです。ここでは、ダイエットシェイクの作り方やアレンジについてお話しましょう。

 

基本の作り方

 

ダイエットシェイクは、大抵は粉末状態で売られています。これを指示通りの量で水などの混ぜ物とミックスするのですが、水の温度が低いとダマが出来やすいというのが難点です。ダマを作りにくくするには、最初にダイエットシェイクを少しの水で混ぜてから、残りの水を徐々に加えると上手くいきます。ただシェイカーを使えば、こんな苦労はしなくても一気にまろやかに仕上がります。シェイカーで作ると空気が含まれて泡が発生するので、ふわふわの仕上がりになりますよ。

 

味の好みもあるでしょうから、最初の一回は指示通りに作ってその後は加減してみるのもいいでしょう。濃く作ってみたり、薄く作ってみたりして、飲みやすい味を見つけてください。

 

混ぜ物のアレンジ

 

混ぜ物は水で作るのを基本としているダイエットシェイクが多いものの、どんな混ぜ物で作るのも自由です。ただ水以外はカロリーが増えてしまうことになるため、その点は心得ておきましょう。

 

豆乳、牛乳、飲むヨーグルトなどが定番でジュースを混ぜている人もいます。水だとさらっとしすぎているように感じてしまう時には、牛乳や豆乳でクリーミーにしてみるといいですよ。中にはホットにしてもいいダイエットシェイクもあります。寒い季節には冷たいダイエットシェイクを飲むのが辛くなることもあります。そんな時はホットで飲めるとほっとします。ダイエットシェイクにして飲むほか、混ぜ物の量を少なくしてデザートのように出来る商品もあります。ゼリーのようなババロアのような仕上がりに、虜になる人もいるでしょう。